新聞折込の費用(料金)の内訳

バナー

新聞折込の費用(料金)の内訳

会社の商品ピーアールを目的に新聞折込という方法を選ぶ場合、実際に掛かる費用計算が必要です。

予め料金に含まれる内訳を把握しておけば、スムーズな作業が可能となるので、最低限の新聞折込に対する知識を知っておきましょう。


新聞折込に必要な2大費用として、新聞会社に支払う広告料、広告を作成するのに必要な費用が挙げられます。

支払先は2か所あると覚えておきましょう。

新聞会社には折込をいつ実施するかを報告し、当日迄に原本若しくは原稿を持ち込めばOKです。問題は、折込する広告(チラシ)の作成です。



1枚2枚では無い為、印刷会社に依頼して何百何千という枚数を印刷します。

新聞折込の料金に関する情報を公開しているサイトです。

それ以前に、広告の内容作成も必要です。

全て自社で実施すれば費用は掛かりませんが、デザインやイラストを外注すればそれだけコストが掛かります。

売り込みたい商品によっては、プロのカメラマンによる画像の方がリアリティや臨場感があり効果を期待出来る事もあります。

写真やイラストなしの文字だけの場合、書体や文字の大きさでメリハリを付けなければ全く意味のない用紙になります。

nanapiの情報検索ができます。

この辺りを上手に計算し、新聞折込は作成されています。

素人だけでは消費者に訴えかける力が低下するので、経験豊富な社員がいなければ、書面のデザインを外注してもその価値はあると言えます。

新聞折込は投資です。そこから派生した経常利益は正確に分析しなければ分かりませんが、ゼロではありません。


社名を覚えてもらう事、それだけでも価値のあるものだと覚えておきましょう。