外国人観光客の見分け方。

バナー

外国人観光客の見分け方。

今、日本には年間1300万人の外国人観光客が訪れています。


そんな中でもやはり目立つのがアジア人の観光客です。

中国人観光客の情報を幅広く扱っているサイトです。

観光地や、ショッピングモールなどで、多くのアジア人、特に中国人を見かけます。

いろいろな産経ニュースに注目が集まっています。

彼らはテレビでもよく報道されている、いわゆる爆買いを目的としています。


最近では多くのアジア人が買いものをする光景も見慣れたものになりました。ただあの外国人観光客は本当に中国人ばかりなのか、疑問に思うこともありますよね。
ここでは中国人、台湾人、韓国人の見分け方をお教えします。

まず中国人です。


中国人はとにかく大きい声の中国語でひたすら話し続けます。

筆者も空港の手荷物検査に並んでいた時、後ろにいた女性4人組が並んでいる間かなり大きい声でずっと話し続けていたのでパスポートを見てみるとやはり中国人だったという経験があります。

爆買いをしに来日しているのは、やはり中国人が多いため一番見かける頻度が高いですね。


次に台湾人です。

台湾人も中国語を話しますが、台湾人は中国人に比べ、声は大きくありません。

中国語を話しているけれど、日本人のように静かに話している外国人観光客は台湾人でしょう。
また台湾人はラフな服装の人が多い印象です。

最後に韓国人です。

韓国人は母娘が並んでいる場合、母娘の顔が似ていなければ韓国人でしょう。

整形大国というお国柄は有名です。

以上のような特徴があるため、観光地の売り子さん達は外国人観光客がどこの国の人が大体見分けられます。これは日本だけでなく、海外でも同様です。



海外の観光地で買い物をしていると急にカタコトの日本語で話しかけられるのは、あてずっぽうではなく日本人の特徴を見抜いて声をかけているのです。

多くの外国人観光客を見かける機会が多くなった今、せっかくなのでどこから来たのか?と想像してみるのも楽しいですね。