新聞折込は曜日によって量が異なる

バナー

新聞折込は曜日によって量が異なる

毎日発行される(1ケ月に1度の休刊日を除く)新聞は、持ち運びも便利で多くの人が利用する情報入手の媒体方法です。

外出先で新聞のみ購入する人には関係ありませんが、自宅で定期購読していると必ず付いてくるのが新聞折込です。

大手企業の新商品の広告から、近所のスーパーマーケットの安売りセールに至るまで、実に多くの内容の新聞折込が毎日入っています。

実はこれ、曜日によって量が違う事をご存じでしたか。

多くの人が休日となる週末や祝日に掛けては、より多くの人が目を通すと考えて平日の3倍から4倍の量の新聞折込があります。

新聞折込の詳細はこちらで簡単に調べられます。

平日でも火曜日は新商品発売日に重なる企業が多い為、その他の曜日に比べて若干多めに入ります。
これらから考察出来る事は、曜日によって費用対効果が異なると言う事です。
闇雲に新聞折込をしても、実際に消費者の行動に繋がらなければ意味がありません。


しかし実際にいつ入れれば効果を得られるか、というデータは相当長い間の情報を元に分析しなければ分かりません。

そこで単純にこの折込の多い曜日を参考に、貴方の会社の広告をいつ入れるか検討しても良いでしょう。



敢えて少ない曜日に入れれば、それだけ消費者の目に留まるチャンスは多いでしょうし、週末や祝日に入れれば、自宅でくつろぎながら家族で見てもらえる可能性は増えます。

Yahoo!ニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。

これが正解というものはありません、新聞折込はタイミングと縁の成せる業。

1度だけで大きな効果を期待してはいけません、何度も繰り返す事で消費者の深層心理に刻まれ、消費という行動にいつしか繋がります。